高速でバックギアに入れると・・・?

2月5日夜の短時間でしたが、雪が積もっちゃいましたね。1時間位で雨に変わって、事なきを得ましたが、久しぶりの積雪でドキドキしながら運転してました。

さて、お客様との会話の中で面白いことがありましたので、御紹介します。

お客様は愛車で高速走行中、「今、ギアをバックに入れたらどうなるんやろ?」と、たま~に考えるらしいんです(笑)

まあ、ホントに入れたことは無いそうですけど(笑)

オートマチック(AT)車のトランスミッションは電子制御されているのでマニュアルミッション(MT)車のようにレバーを動かして直接ギヤをチェンジしているのではなく、シフトレバーを動かす行為は単純にスイッチを操作しているのと同じで、それをコンピュータが感知して実際のギヤシフトの操作をしています。

そういえば、最近の高価なくるまはスイッチみたいになってますね。

高速走行に関わらず通常走行の場合でも、走行中に間違ってシフトレバーをバックに入れてしまったとしても、「バックにギヤチェンジするためには車が停止している」という制限があるので、コンピュータはギヤチェンジできる状態ではないと判断するため切り替わりません。

少し年式の古い車はシフトロック機能が無く、走行中でもシフトできてしまうものもありますが、ご安心ください、このタイプは走行中にバックにシフトするとエンジンが停止するようになっているんです。

MT車の場合は、回転方向が逆になるため簡単にはギヤは入りません。もし、入ったとしてもギヤ比が大きく違うためギヤが破損するか、他の部分が損傷することとなります。

現実に走行中にバックに入れる方はいらっしゃらないですが、MT車お乗りで、もし無理やりやってしまって壊れた場合はご連絡ください(笑)

 

福井モータース株式会社

〒819-1119 福岡県糸島市前原東1-6-16 TEL:092-322-1501
福岡市 板金塗装 福井モータース